サスティナブル

古着はサスティナブル!安くて環境にやさしい古着の魅力とデメリット

サスティナブルファッションをご存知ですか?

 

洋服を作る過程で、できる限り環境を汚染しないように作るファッションのことです。また、動物や労働者も搾取せず、使っている生地そのものも、人にやさしい場合が多いです。

 

だけど、サスティナブルファッションって値段が高くてあんまり買えないんだよな〜

という方もいると思います。

 

そんな人におすすめなのが、「古着」。

今日は古着大好き人間のわたしが古着の魅力について語ります。

 

こんな人におすすめの記事です

  • サスティナブルファッションに興味がある
  • 古着に興味がある
  • 節約したい

古着が好き、古着ばかり着ています

f:id:lovetry:20200520212758j:image

どれくらい古着が好きかというと、わたしの持っている洋服のおよそ半分は古着です。(安い女って言わないで)

 

古着を買い始めたのは大学生の頃なんですが、それから今までずっと古着屋にはお世話になっています。

 

なんで古着が好きかはこのあと書くのですが、「そもそもファッションにお金をあまりかける気がない」というのが根本の理由かもしれません。

あとは、「流行りに興味がない」というのもあります。

 

なので、古着屋ではない普通のアパレルショップでも、定価ではなかなか買わないことが多いです。

 

古着の魅力

古着なら、美品やブランドものも値段が安い

f:id:lovetry:20200520184737j:image

今までで一番安かったのは、新品同様にきれいなジーンズ1本100円だったことです。

 

基本的に美品でない限り、わたしはどんなに安くても買いません。でも古着って本当に安いものが多くて、300円、500円で定価2000円くらいのものが美品で買えたりもします。

 

古着屋でお得に買ったプチプラもの一例☟

  • GAPのワンピース  700円
  • ユニクロのジーンズ 300円
  • ハニーズのスカート  300円
  • ユニクロのカーディガン 100円 

 

これらすべて、状態がとてもいいものです。ね、お安いでしょ? (笑)

 

ブランドものが安く買えるのも嬉しいポイントです。状態がきれいなものでも、定価の半額以下で買えるブランドものがほとんどなので、質のいいものが安く買えるのは古着ならではだと思います。

 

古着屋でお得に買ったブランドの一例☟

  • ポールアンドジョーのワンピースの 1500円
  • VALMANのアウター (秋冬用)  1000円
  • martinique のスカート   3000円
  • オンワードのパンツ 300円
  • ローリーズファームのニット 1500円
  • ミッシュマッシュのトレンチコート 2700円

 

これらもすべて、状態がとてもいいものです。ブランドものはプチプラと違い、状態もしっかりしているので、どれも4、5年以上使っています。

 

かなりお得なお買い物だったと思ってます★

古着なら人とかぶらない

f:id:lovetry:20200520211225j:image

アパレルショップを覗くと、どのお店も同じような洋服が並んでいたりしませんか?

たまに街ゆく人の服と自分の服が同じで、気まずい思いをしたことがある人もいるかもしれません。

 

古着屋で服を買うと、人とかぶることはまあほとんどありません。というより、もう売ってないものが買えるチャンスだったりするので、自分だけのオンリーワンを見つけられる気分で楽しいです。

 

たまに日本製の服とかもあったりして、そういうものは本当に作りがいいです。タグに書いてあるブランド名は知らない名前でしたが、日本製のものを安く買えたときは、めちゃくちゃテンション上がります。(笑)

 

古着なら環境にやさしくサスティナブル

f:id:lovetry:20200520234301p:image衣類ゴミの山

わたし的に一番のおすすめポイントはこれです。

 

アパレル業界は、世界で二番目の環境汚染産業といわれています。

 

たとえば

  • ファッション業界は世界で二番目に水を多く消費している
  • ジーンズ1本作るのに、約7600ℓの水が必要
  • 生地の染色は世界で二番目に大きな水の汚染原因 (汚染された水が川や水路に流され、近くに住む人々は病気になっている)
  • 産業による水質汚染のうち20%は生地の染色によるもの
  • 世界のCO2の排出量のうち10%がファッション業界によるもの

このように環境を汚染しながら作った洋服が、一度も袖を通されることなく毎年大量に捨てられています。

 

今ではこれが社会問題となっているため、サスティナブルを意識し始めたアパレル企業も多くなりましたが、それでもまだアパレル産業による環境汚染は続いています。

 

本当はだれもがサスティナブルなアパレル企業で洋服を買えればいいですが、お金に余裕がない方もいると思います。

そんな方でもサスティナブルに楽しめるファッション、それが「古着」だと思います。

 

ゆるちゃん
ゆるちゃん
金欠だったり、そこまでファッションにお金をかけられない人はぜひ、古着を着ることでサスティナブルにファッションを楽しんでみてね★

 

古着はロマンがある

f:id:lovetry:20200520210139j:image画像出典 : ゴーイングベルボ

これはわたしが勝手に思っているだけですが、捨てられる運命の洋服が自分のもとで輝くのは、ロマンを感じます。(笑)

里親になった気分というか、なんともほっこり幸せな気分になるのです。

 

また、かなり前に作られた洋服だったりすると、その洋服の歴史や時代背景を考えたりできて楽しいです。

 

古着のデメリットは?汚い?

f:id:lovetry:20200520235110p:image

古着が嫌いな人の一番の理由は、「古着は汚い」というところかと思います。

 

実際にわたしも古着屋で洋服を探していると、ボロボロだったり時には少し臭かったりする服が売られていることもあります。

どうしても汚いと思ってしまう人には、古着は向いてないのも事実です。

 

ただ、古本とかとは違って、丸洗いできるのが洋服のいいところ。多少痛みは早いかもしれませんが、熱湯に30分ほどつけたあと洗剤を使って洗濯をすれば、かなり殺菌できます。

ユーズドであるがゆえの汚さが気になって、古着に挑戦できずにいる方は、上記のように殺菌してから着てみることをおすすめします。

 

安くサスティナブルファッションを楽しむなら古着が一番

環境にいいもの=値段が高いものではありません。

工夫次第で、お得にサスティナブルを楽しむことはできます。

 

ぜひみなさんも、古着を取り入れたおしゃれを楽しんでみてくださいね。