サスティナブル

消費で世界は変わる!今あなたがするべきお金の使い方とは?

お金を使わない日はほとんどないくらい、わたしたちは日々お金を使っていると思います。

しかし、その中でどのくらいの人が「自分のお金の行き先」を考えながらお金を使えているでしょうか。

 

お金を払う=消費するという行為は、その会社への投票である

f:id:lovetry:20200427165916j:image

わたしたちは毎日のようにお金を使っていますが、それは支払っている会社、もしくは個人への投票を意味します。

 

たとえば菓子パン一つ買った場合、そのパンを作っている会社を応援している、ということなのです。

 

しかし、もしもそのパンの会社が添加物だらけのパンをたくさん作っていたとしたら?

 

添加物はご存知の通り、人間の健康を害するものです。

日本の多すぎるガン患者の数や、うつ病患者の数も、食品添加物と無縁ではありません。

その会社のパンを買うという行為は、その会社のやっていることに共感し、賛同し、応援することを意味するのです。

 

はたまた、別の小さな個人店のパンを買ったとします。

そこで焼かれているパンは、添加物があまり使われていなく、自然素材で、小麦粉も不使用のグルテンフリーだったとします。

もちろん値段はスーパーの菓子パンほど安くはないですが、子どもにも安全で身体に及ぼす害を極限まで減らし、人々の健康を考えている商品です。

もちろん太ったりニキビができたりもせず、そのパン自体もおいしい。

 

あなたがそこのパンを買うとすれば、あなたはおいしいパンで人々の健康も守りたいと考えているその個人店を応援するという意味なのです。

 

アイドルを応援するように、会社も応援する

f:id:lovetry:20200427171529j:image

アイドルオタクの人々は、そのアイドルが有名になったりこれからも活動を続けられるようになどの気持ちを込めて、お金をつぎ込む人もいますよね。

 

それは会社やお店もまったく同じです。

そしてその会社やお店を応援するという行為は、その会社やお店が社会に及ぼす影響にも賛同するという意味なのです。

 

あなたは、どんな世界を望みますか?

f:id:lovetry:20200427171422j:image

あなたは、どんな世界に住みたいですか?

 

  • 戦争のない世界
  • 自由が守られる世界
  • 動物や子どもが傷つかない世界
  • 女性が笑っていられる世界
  • 失業者がいない世界
  • 高齢者も幸せな世界
  • 空気がきれいな世界
  • いじめがない世界
  • 人々の心が穏やかな世界
  • 災害が少ない世界

 

など、みなさんそれぞれ想い描く理想の世界があるはずです。

 

だけど自分は、世界を変えられるような器じゃないし・・・」と思いますよね。

 

そんなことないです。

毎日しているあなたの消費活動こそが世界を変える一票なのです。

 

世界平和に積極的な“エシカルカンパニー”

f:id:lovetry:20200427175645j:image

エシカルカンパニーとは、倫理性を大切にしながらビジネスをしている企業です。

 

たとえば化粧品会社だと、動物実験をしていないことや、化粧品材料の作り手さんにも適切な賃金を支払っているなどは最低条件です。

 

アパレル会社も、発展途上国に安すぎる賃金で働かせていないことや、児童労働をさせていない環境に配慮したやり方で服を作っている、などは最低条件になります。

 

上記のことに加えて、地球環境を守る団体に売上の一部を寄付するなどしている会社もあります。

エシカルカンパニーの一例

  • ザ・ボディショップ
  • LUSH
  • 生活の木
  • SHIRO
  • ピープルツリー 
  • サラヤ
  • ラヴィステラ
  • エコストア
  • エティーク
  • ヴェレダ
  • パタゴニア
  • ベンアンドジェリーズ
  • スリーツインズアイスクリーム
  • method(メソッド)

 

↑上記は一例ですが、どれもかなりエシカル性の高いブランドになります。エシカルカンパニーは基本的にわたしたち自身の身体にもメリットばかりです。

 

わたしもまだまだたくさんは知らないのですが、みなさんもぜひお気に入りのエシカルカンパニーを探してみてくださいね♪

 

ゆるちゃん
ゆるちゃん
個人的にはリサイクルショップや古着屋、ヴィーガンショップなんかもエシカルだと思ってるよー!

 

「食べて応援」で飲食店を助けよう

f:id:lovetry:20200427181240j:image

今コロナ騒動で、たくさんの飲食店が倒産や廃業の危機にさらされていますよね。

 

そこで流行っているのが「食べて応援」。

飲食店を助けるべく、テイクアウトしている人々や貸切で来店している方が多くいます。

 

コロナ騒動によるものとはいえ、この「食べて応援」はかなり良い考え方だと思っています。

人々がいま、自分以外のことを考えながら消費活動をしているという、本来人間が大切にしなければいけないことを多くの人がやっているわけです。

 

あなたのお金で救われる人がたくさんいるのです。今こそあなたのお金の使い道を改めて考えるときではありませんか?

 

うさぎちゃん
うさぎちゃん
お気に入りのお店がなくならないように、応援しよう。