サスティナブル

【保存版】実は節約にもなる? お金をかけずにできる“ゆるエシカルな暮らし方”まとめ

みなさん、こんにちは!

 

最近は「エシカル」「サスティナブル」という言葉が以前よりも浸透してきていますよね。

企業も地球の未来を考えた取り組みをするなど、社会全体が地球環境を守る動きに積極的になりつつあります。

 

だけど

 

エシカルってなんだか難しそう

サスティナブルって具体的に何をすればいいの?

 

という方もまだまだいると思います。

 

今日はそんな方々でもできる “ エシカル行動 ” をご紹介します。

めちゃくちゃ簡単なのでさっそく今日から取り入れてみてくださいね ♪

 

エシカル行動① お店でレジ袋をもらわない

f:id:lovetry:20200423184409j:image

レジ袋の有料化をしているスーパーも多くなってきましたが、まだまだレジ袋を無料でもらえるところも多くありますよね。

実際にスーパーに行くと、ほとんどの人がレジ袋をもらっているのを目の当たりにします。(わたしは見ていてとっても悲しくなります…。)

 

国内で捨てられているプラスチックゴミは、年間で約900万トンと言われていて、そのうちの約半分がペットボトルやレジ袋、放送容器なんです。

だから、一人ひとりがレジ袋をもらわないだけで、かなりの量のプラスチックゴミが減らせるということなんです。

 

レジ袋をプラスチック製から紙製に変えている会社もあるよね。だからといって最後はゴミになるものだから、レジ袋はもらわないのが地球のためだよ❤︎

 

ゆるちゃん
ゆるちゃん
レジ袋をもらわないようにするには、マイバッグを持つのがイチバン。エシカルとおしゃれの両立を楽しもう!

 

エシカル行動② マイボトル(マイタンブラー)を持ち歩く

f:id:lovetry:20200423132815j:image

外でペットボトル飲料を買うのに毎日100円を使うより、マイボトルにお水やお茶を入れて持ち歩いた方が節約ですし、地球環境にもイイです。

 

ペットボトルはリサイクルされると思っている人もいますが、実はほとんどがリサイクルされていないのが現実なんです。

 

なので

「ペットボトルはどうせリサイクルされるんだし、ゴミにはならないでしょ?」

というのは大間違い。

 

環境汚染を減らすためにも、ペットボトル飲料よりマイボトルを持ち歩きましょう。

 

また、スタバやタリーズなどのカフェでもマイボトルは使えます。プラスチックの容器に入れてもらうのではなくて、ドリンクをそのままマイボトルに入れてもらうだけ。

 

お店によってマイボトル割引をしてくれるところもあるんですよ ♪

マイボトル持ち込みで割引してくれるお店

  • スターバックス(20円引き)
  • タリーズコーヒー(30円引き)
  • カフェ・ド・クリエ(30円引き)
  • エクセルシオールカフェ(20円引き)
  • ニューヨーカーズカフェ(20円引き)
  • ローソンMachi cafe (10円引き)
  • 上島珈琲店(50円引き)

など、たくさんありますよ❤︎

 

ちなみに、マイ箸やマイストローを持ち歩くとさらにエシカルです。

特に職場でお弁当をよく買う人は、毎回割り箸をもらうのではなく、マイ箸を用意しましょう。

 

エシカル行動③ 本屋ではブックカバーをもらわない

f:id:lovetry:20200423140239j:image

「ブックカバーはお付けしますか?」と聞かれると、なんとなく無料だしいいかなーと思って、もらってしまう人が多いのではないでしょうか。

何でもタダでもらえることに対して「ラッキー」と思っている人もいるのかも。

 

でも、ブックカバーは必要ですか?

もし必要でないなら、もらうのはただ地球を汚すだけの行為。

ブックカバーが必要な人は、可愛いマイブックカバーを使った方が心も躍るはず ♪

 

うさぎちゃん
うさぎちゃん
日本は過剰包装が大好きだけど、それは環境汚染につながってしまうよね。みんなで過剰包装ストップ!の気持ちが必要なのかも。

 

エシカル行動④ 裏紙を使う

f:id:lovetry:20200423141420j:image

裏紙も立派な資源です。すぐに捨ててしまうメモは、新しい紙ではなく裏紙に書くので十分。

また、裏紙をメモサイズに切ってクリップで留めて裏紙メモ帳をつくるのもアリです ♪ 

 

ただし、裏紙を使ってコピーをすると、コピー機のトナーの寿命を縮める可能性もあるみたいなので注意。

あくまでも手書きのメモとして使うのがいいのかもしれませんね。

 

エシカル行動⑤ ペットボトル飲料ではなく紙パック飲料を買う

f:id:lovetry:20200423152109j:image

ゴミとして出すなら、ペットボトルより紙の方が環境への負担が少ないです。

繰り返しになりますが、ペットボトルは残念ながらほとんどリサイクルされていません。

 

海外では、ペットボトルの回収率を高めるためにデポジット制を導入している国もあります。

 

デポジット制というのは、ペットボトル飲料を買うときにドリンク代金とは別に少額のお金をお店に支払い、飲み終わったらお店に出向いてペットボトルを回収してもらい、支払った少額のお金をもらう、という制度です。

 

これがペットボトルの高いリサイクル率につながり、地球環境の保護につながっています。

 

うさぎちゃん
うさぎちゃん
そんなにエコ意識の高い国があるんだ!すごいなー。

飲料だけでなく、納豆などもプラスチック製の入れ物に入っているのではなく、紙パックの方を選ぶとエシカルだよ♪

 

エシカル行動⑥ 食べ残し厳禁、スーパーでは見切りを買う

f:id:lovetry:20200423151126j:image

食品廃棄( 食品ロス )の問題は近年ささやかれておりますが、環境汚染とも関係しています。

 

なんと、世界では食品のおよそ3分の1が捨てられているのが現実です

なかでも日本は世界トップクラスの食品ロス大国で、毎日国民一人あたりお茶碗一杯分の食料が捨てられているのだとか。

 

ただでさえ食料自給率が低いのに、食料廃棄率は高いというなんともいえない悲しい事実。

 

わたしたちにできることは、食べ物を捨てないこと。

レストランで残したり、食べ放題で取りすぎて食べれずに残すのはご法度です。

 

また、買い物の際は見切り品を買うのもおすすめ。

賞味期限が近い分、長期保存はできませんがお値段的にはお得なので、節約になります♪

 

エシカル行動⑦ マイハンカチを持ち歩く

f:id:lovetry:20200423152158j:image

トイレで当たり前のようにペーパーを取って手を拭くのではなく、マイハンカチを使いましょう。

 

紙も自然からできています。

すごく小さなことですが、資源を大切にする行動を心がけましょう。

 

また、ハンカチを持っていた方が女性として印象はバッチリ。 

ハンカチを持ち歩いていない人は、ぜひともマイハンカチデビューをしてみてくださいね。

 

エシカルな暮らしはだれにでもできる

f:id:lovetry:20200423152740j:image

日頃の生活のなかでできていることは、みなさんいくつありましたか?

すべてできているという方はエシカル上級者ですね。

 

エシカルやサスティナブルって、難しく考えることはありません。

地球や動物、地球の裏側に住む人たちが喜ぶことを考えれば、それはもうエシカルです。

ぜひみなさんも今日からエシカルを生活の中に取り入れてみてください ♪